忍者ブログ

乳がんだって温泉にはいりたい!大作戦


乳がんだって、温泉にはいりたい! 先輩たちの活動をひきついで、モアハピプロジェクトや J-POSHの温泉ウエルカムネットワークと連動して、がん仲間でも楽しめる温泉♡増えてくといいな〜。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

乳がんと温泉史 その5(2)

当たり前だけど、ひとのおっぱいは
ひとりひとり違う。

大きさもそうだが、かたち、色、ひとりずつ
顔が違うようにおっぱいも違う。

乳房を切除したとき、日常ではブラジャーにパッド等を入れる。
しかし、裸になってしまったときはそれは使えない。

ウロメディカルジャパンは、エピテーゼという
失った体の一部を補う、医療用シリコンによる目や指などをつくっている会社だ。
(エピテーゼについては、本も出している中野ブレイスという会社が有名らしい。
A元先生、ご紹介ありがとうございます。こちらも人工乳房もつくっている。)
社長である池山紀之さんが家族で温泉旅行に行ったとき。
乳がんの手術を受けた妹さんに「温泉はいった?」とたずねると
「ううん、入ってない。お母さんに、胸をみせられないもの…」との
答えがかえってきた。

ウロメディカルジャパン 代表者あいさつのページへ

妹さんのそのひとことが、池山さんに
温泉にも入れる人工乳房づくりを決心させたという。

さかいが池山さんに最初にお会いしたのは、
日本乳がん学会の会場だったと思う。
いろいろなかたちの乳房のエピテーゼがならぶ
ブースは、ちょっと衝撃的だった。
その後、2007年のつくばピンクリボンの会場でもお会いして、
人工乳房の開発されるまでのいきさつをうかがった。

ウロメディカルジャパンはその後も
毎年つくばピンクリボンフェスティバルに参加している。

PR

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

Next:
乳がんと温泉と人工乳房と…
Prev:
乳がんと温泉史 その5(1)
Page:
Top:
乳がんだって温泉にはいりたい!大作戦

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[06/29 JIMEsan]
[03/28 じゅん]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
さかいひろこ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
温泉にはいっているピンクリボンちゃんのイメージです。

バーコード

ブログ内検索

Designed by 0x85ab.